お米(あきたこまち)


お米(あきたこまち)


ぜんちゃんふぁーむの、お米は、あきたこまちです。
ぜんちゃんふぁーむでは、この地域に合うお米は、

あきたこまちだと思い作っています。

化学農薬を出来るだけ使用し無い(当地比4割削減)、
お米作りをしています。

自家製農薬(自然にある食品消毒効果を利用し、にんにく・唐辛子・木酢・焼酎を主体に、自家製を使っております。)を主体に、
食品が持つ天然の力を借り、
化学農薬を出来るだけ使用し無い、あきたこまちのお米を作っています。

でもやはり、科学の力で作った農薬と違い効果が薄いため、
お米の見た目が多少悪くなります。
でも、虫も食わない!化学農薬漬けの見た目だけの、

お米作りを、ぜんちゃんふぁーむでは目指していません!
分かる人に、お米をお届けしたい。

ぜんちゃんふぁーむでは、見た目多少悪くても、
安心して食べれる、安全な
お米つくりを目指しています。

《お米の品種》

あきたこまち

《お米の肥料》

食べておいしい、お米作りを一番としていますから、
昔ながらの土作りを主体に、現在の色々な肥料を調べ、足りない栄養分は、
化学肥料を合わせることで、おいしい食味のお米になり、
具は、何も入れないおにぎりが一番!!というお客さんも見えます。

《お米の農薬》

化学農薬を出来るだけ削減(当地比4割削減)し、
化学農薬を使っても、根から吸収する粒剤農薬は使わず、
自家製農薬
(自然にある食品消毒効果を利用し、
にんにく・唐辛子・木酢・焼酎を主体に、自家製を使っております。)
主体に使用しています。

その為どうしても、虫食いが出てしまうため、
99.8%選別できる色彩選別機を導入して、
生産者もおいしく食べれられる、お米を作っています。

《お米の水》

三森山を源流とした川が流れており、上流に工場もなく民家も少ない為、
清らかな水が流れております。

《お米の気温》

昼と夜の寒暖差が多く美味しいお米になります。

《お米の生産場所》

岐阜県恵那市岩村町富田、農村景観日本一内

《お米日記》

出来るだけ公開していきますが、他に知られたくない独自の技術になる部分は、秘密とします。

お米、栽培記録