干し芋

HOME | 干し芋

岐阜県恵那市岩村町富田で作る、
干し芋、蜜☆芋。

岐阜県恵那市岩村町富田で、
栽培期間中、化学農薬不使用、化学肥料不使用で作ったサツマイモを使い、

強制乾燥や、ビニールハウスでの乾燥とは違い、

昔から変わらない方法で、
天日干し、自然乾燥の、今では貴重な干し芋になります。

ぜんちゃんふぁーむでは、栽培期間中、化学農薬を使わず、
食品が持つ天然の力を借り、
自家製農薬(自然にある食品消毒効果を利用し、にんにく・唐辛子・
木酢・焼酎を主体に、自家製を使っております。)を作り、使っています。
でもやはり、科学の力で作った農薬と違い、
効果が薄いため、干し芋の形が、不揃いになったり、
見た目が多少悪くなります。

でも、虫も食わない!化学農薬漬けの見た目だけの農産物つくりは、
ぜんちゃんふぁーむでは、目指していません!
分かる人に、本当に安心な、干し芋をお届けしたい。
ぜんちゃんふぁーむでは、見た目多少悪くても、安心して食べれる、
化学農薬不使用・化学肥料不使用・除草剤不使用、
草性栽培サツマイモつくりをしています。

《サツマイモの農薬》
化学農薬は使用せず、自然にある食品消毒効果を利用し、
にんにく・唐辛子・木酢・焼酎を主体に、自家製を使っております。

《さつまいもの肥料》
化学肥料を使用しない、さつま芋を、
昔ながらの土作りを主体に、現在の色々な肥料を調べ、
こだわりの肥料を使っています。

《サツマイモの水》
三森山を源流とした川が流れており、上流に工場もなく民家も少なく、
下水完備が行き届き清らかな水が流れております。

《サツマイモのエコ栽培》
除草剤を一切使用しない、「草性栽培」を採用しております。

蜜☆芋

昔ながらの、完全天日干しになる、干し芋です。

 

干し芋は、干し芋用のサツマイモを使用します。

我が家の昔ながらの、干し芋スタートです。
まずは、時間をかけてゆっくり蒸していきます。

 

蒸しあがったら、天日に干します

サツマイモが蒸し終わると、皮をむき、手頃な大きさに切るのですが、皮の下もう一層も剥きます。そして、竹のひごの上に並べ、お天道様に任せます。
朝晩は仕舞ます。

 

数日干します

あまり干しすぎると、かなり固くなるので、我が家は適度な硬さまで、干します。表面が飴色のようになったら完成です。